2010年03月26日

2010年3月ー台北・ソウルの旅ーおそるべし、韓国(台湾・韓国その4)


100326_seoul00_s.jpg

 3月7日に台北に入り、10日にソウルに赴いた短期調査旅行。
 3月13日は、調査を終えて日本に戻る日。
 午前中に中央国立博物館へ、午後から民俗博物館に回り、アワビ粥を食べて帰国する予定でいた。土曜日で天気のいい日となったので、博物館は混むだろうと思い、開館に併せて入場することにした。
 最初に驚いたこと。入場料は無料であった。世界的な美術品などある博物館。維持にかかる費用を受益者に負担させる、というのが日本的発想方法。しかし、韓国は、無料にしている。これは、景福宮横にある故宮博物館でも同じ。民俗博物館も無料であった。国の歴史と文化を内外に広める場で入場料は取らない。ささいなことだが、文化政策の土台を見る思いがした。
 次に驚いたこと。午前9時、まだあまり人が多くはない。しかし、小学生の小集団が引率の先生とともにそこここに待機していた。開館とあわせて入場。そこかしこに集まって先生の話を聞きながら、展示品をみている。なにかの宿題なのか、ノートをもって特定の展示品をみてはなにかをノートする姿もある。むろん、さすがに小学生だ、展示品そっちのけでかくれんぼや追いかけっこに興ずる者もいる。だが、土曜日の午前中、先生が引率して、少人数にわかれ、母国の歴史を知る機会をもつこと。「ゆとり教育」の名の下に、児童・生徒の公教育を縮減している日本と比べると思わず、ため息がでる。
 さらに驚いたこと。その小学生の少人数グループのうち、数組が、外国人が引率していることだ。むろん、リーダーは英語で展示品の説明をしている。子ども達も、英語で質問をする。すべて英会話で見学が行われている。これには、戦慄する思いであった。「おそるべし、韓国!」。
 世界を目指す韓国の裾野の広がりを垣間見た思いであった。


100326_seoul03_s.jpg

 博物館の半跏思惟像。
 京都広隆寺に類似のものがあるが、韓国から伝来したものか、造形を日本側が取り入れて作成したものか、いずれであれ、朝鮮半島渡来といっていい。古代国家の頃、朝鮮半島から多くの文物を学んだのであろうし、それを伝承する人の往来もあったのであろう。
 韓国の近年の発展をみるにつけても、島国日本の狭隘な地理環境に埋もれていると、世界先進国の座を譲らなければならなくなる。

 とっぽっきと韓国おでんの味をおもいだしながら、、、、、


100326_seoul01_s.jpg 

 
posted by justice_justice at 10:01| ▼世界旅行ー台湾・韓国 | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

■「棒術先生、さらば」ー台北・国父記念館様々(台湾、韓国その3)


sonbun.jpg

 3月10日早朝。
 台北訪問の際、国父記念館までジョギングするのが定番のコースになっている。
 8日早朝以来3回、同じコースを走った。国父記念館には朝6時すぎにつくようにする。
 すると、三々五々、ここで早朝の体操を楽しむ大勢の市民に出合える。
 太極拳、ジャズダンス、ラジオ体操、、、、その中で過去3回の来訪のたびにここでみかけた「棒術先生」が今年はいなかった。
 旧知を失った寂しさを覚えるが、やむをえない。
 6時30分、国旗掲揚の儀式を見て、ここを後にした。
 また来ることがあるだろう。そのときに「棒術先生」に再開できれば、と願う。
 台湾市民の元気の活力、早朝体操にエネルギーをもらって次の目的地、韓国に向かうこととする。


P3100187_s.jpg

posted by justice_justice at 09:31| ▼世界旅行ー台湾・韓国 | 更新情報をチェックする

■台湾のエリート校ー中央警察大学にて(台湾・韓国その2)

 
P3090207_s.jpg

 3月9日、台北3日目。
中央警察大学の外事科の主任教授と彼の下で学ぶ院生・学生、そして既に台湾各地の警察署、税関などで働く先輩達が集まって、司法通訳の問題点について、台日の交流研修会を開いた。
日本側の3名の調査参加者が順に問題提起。

渡辺が、裁判員裁判の特徴点を、水野が、司法通訳に求められる資質を、A大学のN氏が同一外国語を異なる日本語表現に置き換えたときに、被告人について事実認定者がいかなる印象を持つのかに関する統計処理を報告した。


P3090207_s.jpg

その後、台湾茶の店へ。上品な味の干菓子風の菓子とトマトを乾燥したものなどとともに、小降りの茶碗でお茶を味わった。



taiwan_cake.jpg

 後は、単独行動。
 まず「粥」の店を目指す。
 台湾には今回で4回目。初回来訪のときに、今は中央警察大学、台中大学でそれぞれ教鞭をとる当時一橋大学の院生に連れてきてもらった店。以来必ず一度は訪れる。



P3090231_s.jpg

中国語が分からなくても、勝手に好きなおかずをお盆に拾い上げ、また指でさして「それ一皿くれる?」とか「これ盛って」とか日本語で適当に言っていても、意味は通じる。


P3090236_ss.jpg

 
 チジミも今回はお店の人が看板をさしてこれがいいというので、注文した。

 粥。芋が入っている。うまい。

 豚の血を固めた豆腐をうまく鍋料理にしたもの、台湾野菜のゆでた物などなど、、、たっぷりの野菜と台湾の味を楽しんだ。
 そして、第2の目的地、松山慈祐宮へのお参りとその前の夜店の散策。
 行きはタクシーで、帰りは、鉄道で。
 士林の夜店、龍山寺の夜店と異なった穏やかな落ち着いた感じの通り。賑わいの点で士林に劣り、ざわめき・猥雑さの点で龍山寺に負けるが、逆に、すこし品のよい雰囲気でゆっくり回るのによい。

 例のごとく、帰路に松山駅をうまく見つけられず、そこここの十字路にある店で道を聞いて、たどり着く。
 その代わり、うろうろと迷い込んだ松山駅南の服飾特区は、興味深い。また探索に来てみよう。


P3090244_s.jpg
posted by justice_justice at 09:17| ▼世界旅行ー台湾・韓国 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。