2015年09月03日

被疑者取調べ「可視化」と黙秘権

 高槻中1死体遺棄事件の後追い記事が止まっている。捜査の進展が水面下に潜った。逮捕直後には,平田さんの死体遺棄は同乗していた男がやったものと説明したが,その後から黙秘が続く。「捜査関係者によると,警察と検察の取り調べは当初から録音・録画され,容疑の否認後,黙秘が続く」という。
 8月29日朝日新聞(朝刊)は「弁護人には,大阪弁護士会の刑事弁護のベテランが選任され,山田容疑者と府警本部(大阪市中央区)で接見を続けている。朝日新聞の取材に『接見内容は一切コメント』と話す」と出ている。
 この事件については,死体遺棄への関与の疑いで被疑者が逮捕されたときに,毎日新聞(朝刊)8月22日に次のコメントを載せている。

■「背景の解明必要」
 大阪府警が迅速な捜査で容疑者の検挙につなげたことは評価できる。近年は殺人事件の発生件数が減少する一方,加害者側の異様な動機から生まれる事件が起きている。今回の事件は,被害者となった中学生の男女が夏休みの外出中に巻き込まれてしまった側面もある。家族や地域,学校など従来からあるつながりが外れたところで生じた犯罪の背景を解明する必要がある。

 容疑者について,逮捕・勾留容疑は平田さんの死体遺棄のみ。平田さん殺害,さらに星野君の死体遺棄,その死亡への関与などについては,「あやしい」といえる根拠は新聞でも報道されているが,逮捕し勾留できる捜査段階での「罪を犯したと疑う相当の理由」を証拠で固められるかは報道では分からない。
 水面下での捜査が続いているのであろう。
 捜査,公訴,裁判・・・犯人を処罰するプロセスは社会の正義を守る不可欠の手続で,手続の適正・公正と処罰の厳正さが求められている。したがって,真相解明のためにも,また密室取調べでの自白強要→えん罪というわが国刑事司法に蔓延するウイルスに今回の事件も感染しないよう,被疑者から事情を聞くプロセスを可視化=録音録画することは適切なことだ。初期供述が合理的か不合理か,他の状況証拠によりやがて解明される。それが真相解明,将来は,裁判員裁判で市民が被告人を有罪とする有力な手がかりになることも考えられる。その意味で,被疑者取り調べの全過程録音録画は,むしろ真相解明の重要な武器でもある。
 他方,弁護人がついたようだ。被疑者が「黙秘」するのであれば,これをいわば守るのが弁護人の責務だ。犯罪を認定し刑罰を科すのは,国家の責務。市民は,自ら無罪であることを説明する責任を負わせられない。嫌疑を晴らせないから処罰する,という最大の不正義を防ぐには,「合理的疑いを超える証明」は国家が行うこと。この原則を守ることだ。被疑者・被告人として冷たい目線で社会から見られている山田容疑者。この原則を自ら貫く方法が「黙秘権」である。我々は,黙秘権を行使する被疑者・被告人を冷静に受け入れる態度が求められている。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。