2014年03月31日

■準強姦罪の成否ー市民の検察審査会とプロ裁判官の裁判所

■「市民と法律のプロ、性犯罪の解釈に差/強制起訴の男性に無罪判決/鹿児島県」
2014/03/28 朝日新聞 朝刊 31ページ 686文字 書誌情報
 こんな事件があった。準強姦被疑事件について,検察庁が2度にわたり不起訴としたが,市民が参画する検察審査会が逆に二度とも起訴相当の判断をした結果,2度目の起訴相当の判断を起訴議決として行うことができるので,裁判がはじまった。
 しかし,3月27日,「プロの3人の男性の裁判官」が構成する裁判所は,無罪を宣告した。
***引用***
 27日、鹿児島地裁であったゴルフの教え子の女性(当時18)への準強姦(ごうかん)の罪に問われた鹿児島市のゴルフ練習場経営、稲森兼隆被告(63)の判決公判。国内8例目の強制起訴事件で示された判断は無罪だった。検察官役の指定弁護士は判決を詳細に検討し、控訴するかどうか決めるという。
 指定弁護士を務めた大脇通孝弁護士は記者会見で、「心理鑑定や精神科医の証言を理解してもらえなかった」と振り返った。「ここで終わらせるわけにはいかないだろう」と控訴に前向きな姿勢を見せた。
 被害者の女性は「大変失望しています。当時まだ高校生で、絶対的な支配服従関係があり、抵抗などできるものではありませんでした。裁判官には理解してもらえず、とても残念です」とのコメントを発表した。
 被告側弁護人の上山幸正弁護士は「この事件は検察官が2回、不起訴処分にした判断が相当なものだったと、裁判官も判断されたのだと思う」と述べた。
 強制起訴は、市民で構成する検察審査会の2度の議決で決まったものだ。大脇弁護士は「一般市民の感覚で、公開の法廷で審理すべきという判断には一定の意味があった。従来の法解釈では有罪が難しくても、性暴力被害者の問題を提起できたのではないか」と意義を話した。
******
 ブログ編者は,裁判所の結論にいささか疑問を抱いている。こんなコメントにまとめた。

■甲南大学法科大学院の渡辺修教授(刑事訴訟法)も今回の強制起訴について「女性の人格を尊重する市民良識が反映された画期的なものだった」と評価。無罪判決には「男性が多いプロの法律家たちの考えが性犯罪の解釈と適用を縛ってしまったのではないかと疑問が残る。パワー・ハラスメントを利用した性犯罪の深刻さを捉えられたか疑問だ」と述べた。
posted by justice_justice at 05:42 | TrackBack(0) | ■裁判ー起訴された事件 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。