2014年02月13日

知覧 三角兵舎から鹿児島へ

chiran02 barrack02 ss.jpg

 知覧から鹿児島市内へ戻る。今も残る三角宿舎に集い,空に散った若者達を見送った桜島。2月8日の夕方はきれいに晴れた中,穏やかな姿を見せていた。
 会館に展示された遺書の多くが,達筆であり文章力豊かな内容であった。彼らが生き残って日本の再建に力を注いでいたらさぞかし活躍したであろうと推測される。
 若者達が,特攻に志願し現に出撃する精神を持ち得たことを評価しつつ,愚かな作戦を強いた軍部の指導者の愚かしさを忘れてはならない。
 同時に,世界外交の表舞台では,こうした未熟な対応しかできない国家日本の限界を国民は知っておくべきでもある。
 とまれ,かくして鹿児島市内へ戻ってきた。2月8日夕方のことであった。

kagoshima03_sakurajima.jpg
posted by justice_justice at 06:27 | TrackBack(0) | ●観光(日本) | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。