2014年02月03日

■ハワイーパールハーバーにて(3)

arizona 02.jpg

■ハワイーパールハーバーにて(3)
 アリゾナ記念館。戦艦アリゾナが海に沈んでいる。油もまだ浮かぶ。ガイドを兼ねた若き海軍兵士が誇らしげに,しかし,荘重に説明する。ここは,真珠湾攻撃の記念碑でもあるが,同時に,大勢の海軍兵士,海兵隊兵士の墓地そのものでもある,と。だから,その気持ちで敬意を表してほしい,と。英霊が眠る場を大切にするのは,その国の国民の義務だ。国を守るために命を捧げた市民をその国の政治家,官僚,民間会社,市民誰であれ,無視し放置し知らぬ顔をすることなど許されるわけがない。靖国神社に刻の為政者が参拝することをこれほど小馬鹿にされ,外交的に利用されるのは,日本の「外交下手」の性である。狂信的軍国主義への反省を込めてこそ,堂々と政治家は靖国神社に参拝するべきだ。むろん,共産党の議員も足を運ぶべきだと思う。もちろん,宣戦布告が正式にアメリカ政府に届く前に,火ぶたをきった真珠湾攻撃をそのまま正当化することはやはりできぬが,ここで大勢のアメリカ軍人とともに,日本の若者達も命を落としていることも思い出しつつ,海の底に沈むアリゾナの姿を波間に眺めてみたことであった。
attack 00.jpg

posted by justice_justice at 02:43 | TrackBack(0) | ●観光(世界) | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。