2013年01月04日

■尼崎連続不審死事件(5/End)ーえん罪リスクの高い「シャドウ・ビジネス」

*この項目、五回目で一旦終了する。今後の捜査と裁判の展開にあわせて再開する。

■1: NHKの1月1日のネット配信ニュース(NHK WEB NEWS1月1日 4時46分)、「死体遺棄事件 女性殺害も本格捜査へ」が気になる捜査方針を報道している。
 以下の内容だ。
 「捜査関係者によりますと、去年10月、尼崎市の住宅の床下から遺体で見つかった3人のうち、NK・MR子さん(29)について、一部の親族が『平成20年秋に、角田容疑者のマンションのバルコニーにあった物置に1か月以上にわたって監禁した。物置の内部に取り付けた監視カメラで仲島さんが衰弱する様子を見ていた』と供述しているということです。
 NKさんは高松市で家族と生活していましたが、S・M容疑者らとのトラブルに巻き込まれて一家が離ればなれになり、その後、S・M容疑者のマンションで集団生活をしていました。物置に監禁された際に暴行を受けて死亡し、住宅の床下に埋められたとみられています。NKさんの事件について、捜査当局は今月にも殺人の疑いで親族らの本格的な捜査に乗り出す方針を固め、死亡した状況や遺体が埋められた経緯を解明することにしています」。

■2:これに関連して、毎日新聞(朝刊)2012年12月27日の「兵庫・尼崎の連続変死:橋本さんを監禁暴行、殺人罪で6人起訴」に追加された、次の「残る4件も殺人視野」と題する「解説」記事も気になるところだ。以下、引用して紹介する。
***
 6人の遺体が発見された兵庫県尼崎市の連続変死事件で、神戸地検はH・Jさんの死亡について殺人罪の適用に踏み切った。有識者によると、監禁による死亡で殺人罪を認定した判例はなく、先に発覚したOO・KZ子さん(当時66歳)のドラム缶詰め遺体事件でも傷害致死罪にとどめていた。今回の判断は、残る4人の事件についても極刑の選択肢がある殺人容疑を視野に捜査を続けるという、捜査当局の強い意志の表れといえる。
 Hさん監禁の実行役だったとされるR・MSNR被告は調べで、S・M元被告の指示に従っただけで殺意はなかったと強調したという。S・M元被告の供述調書も『全て私が悪い』という弁解録取書以外になく、監禁場所だった物置が撤去されるなど物証も乏しかった。
 だが、捜査当局は取り調べを録音録画する中で、Hさんの過酷な監禁状況についての供述を得たほか、監禁小屋の再現実験などで客観証拠も積み重ね、殺人罪での起訴にこぎつけた。
 一方、残る4人の事件はいずれも3年以上前に発生しており、供述に頼る捜査はさらに困難になることが予想される。S・M元被告の死亡の影響も否定できないが、捜査幹部は『S・M元被告の供述がなくても立件できる捜査をしてきた』と述べた」。

■3:現状をまとめる。
 S・M容疑者(64)はすでに自殺したが、彼女の関わりのある者ら6人が遺体で見つかり、3人が行方不明になっている。このうち岡山県の海から遺体で見つかったH・Jさんについて、S・M容疑者の親族など6人が殺人罪などで起訴された。
 この場合、刑事裁判における事実認定が思わぬ「落とし穴」に引っかかる危険がでてくる。「シャドウ・ビジネス」だ。
 メカニズムはさほど難しいことではない。S・Mの他6人の共同生活で監禁の事実があり、病死や自然死ではない異常な死に方をした者が複数名いる。遺体も埋葬ではなく、遺棄されている。一人の被害者の殺害について「ある程度の証拠」がある、これで、6名全員に対する殺意のある殺害行為について共謀共同正犯を疑う状態にする。が、「合理的疑い」を超える立証に至るかどうかは、微妙である。このとき、2件目、3件目と同じ状態の証拠を積み重ねる。「影に影を重ねる」。そうすると、影が濃くなる、という幻想を事実認定者が持つ。
 偏見と予断が無意識に働く立証構造の作出である。
 むろん、案外それが社会的にみれば、真実であるのかも知れない。ごく自然なものの見方であるのかもしれない。しかし、刑事裁判では、小さな犯罪を大きな犯罪と見誤る「大小」型えん罪も防がなければならない。
 そのとき、ひとつひとつは影の薄い罪を重ねる立証方法がもつ、潜在的な効果には慎重な配慮が要る。
 「疑わしきは処罰する」原則は、裁判官裁判とともに葬りさらなければならない。
 「シャドウ・ビジネス」。影を巧みに利用した有罪認定の作業は、許すべきではない。
posted by justice_justice at 21:02 | TrackBack(0) | ■(ケース)尼崎連続変死事件 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。