2012年12月31日

■尼崎連続不審死事件(2)ー裁判官の「白黒二分法」/「有罪」作文の作法

■殺人事件の認否
 2012年12月5日朝日新聞(夕刊)「「美代子容疑者、殺意認める/橋本さん殺害で再逮捕/尼崎連続変死【大阪】」は、H・Jさん(当時53才)の殺人事件で逮捕され、すでに起訴された6名について、逮捕前後の段階での認否を整理して紹介した。

 「兵庫県尼崎市の連続変死事件で、県警は5日、同居人のHJさん(当時53)を自宅で拘束、監禁し、殺害した疑いが強まったとして、尼崎市の角田(すみだ)美代子容疑者(64)ら5人を殺人と逮捕監禁の疑いで再逮捕し、発表した。
 逮捕したのは美代子容疑者のほか、義理のいとこのS・MSNR(38)、義理の娘のRI(27)、内縁の夫のA・TR(・・・)(62)、RI容疑者の姉の夫のN・K(43)の4容疑者。養子のKEN(30)と義妹のMIE(59)の両容疑者も5日午後にも再逮捕する方針。
 M容疑者は「悪いのはすべて私です」と殺意と虐待行為を認め、RI、Nの両容疑者も「間違いない」と容疑を認めた。一方、MSNR容疑者は「殺意は認めません」、A容疑者も「殺すつもりはなかった」と否認しているという」。
■「疑わしきは罰する」原則ー裁判官文化の負の遺産
 S・M被告の自殺によって、まだ未発見のものも含む事件の全容解明は困難になる。また、今回起訴された6名についても、共同生活の中で起きた事件であるだけに、Hさんの監禁の事実を知らないとは言えないが、「殺意」を全員について認定できるのか微妙だろう。
 共犯の一人が、積極的に自白する場合には、責任逃れのため、共犯巻き込み・責任押しつけの危険も伴う。
 この場合、日本の裁判官は、意識してか無意識でか、警察・検察の立証の柱にした共犯者供述は「高く信用できる」とまず前提にして、これに反する事実をすべて否定する「作文の技法」、「白黒二分」法が得意だ。裁判員裁判の場合も、このラインに沿って評議をリードする危険が残る。
 一種の「えん罪」の危険が高まる。
 無実の者が有罪とされることも、小さな犯罪の犯人が大きな犯罪で処罰されるのも「えん罪」という。今回の事件では、前者の「白黒」えん罪ではなく、後者の「大小」えん罪の危険が高い。
 その意味で、通常の事件とは異なり、起訴が終着点ではなく、ここからが裁判員裁判をにらんだ、「真相解明」の本番になる。
posted by justice_justice at 09:14 | TrackBack(0) | ■(ケース)尼崎連続変死事件 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。