2011年12月10日

名古屋、ヤマザキ・マザック美術館

http://www.mazak-art.com/index.shtml

名古屋、新栄駅すぐ。ヤマザキマザック美術館。訪問2回目。
ユトリロの1911年の作品、『マルカデ通り』に見入る。
定点観測。絵画と心の動き。福岡、アジア美術館、東京、西洋美術館常設展、そして、ヤマザキマザックが加わる。
yutoriro_yamazaki.jpg

これからの仕事の広がりと、各美術館の雰囲気を考えると、これら3館にレギュラーに足を運ぶことになりそうだ。1月にもまた、ここに来ると思う。間違いなく、、、。
そのときにどの作品に心が引かれるか、、、それを考えて、分析する。
そんなことを繰り返してきた。通りの奥にゆっくりと散歩をしていく感覚に満たされる立体感か。次来たときは、、、どうだろうか。
学会前のひととき、である。呵々。

・作品名 マルカデ通り(フランス語) Rue Marcadet
・作家名(日本語) モーリス ユトリロ
・作家名(英語) Maurice Utrillo
・制作年度 1911年

posted by justice_justice at 11:59 | TrackBack(0) | ●教養ー美術・音楽・博物 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。