2011年11月30日

■福井女子中学生殺人事件、再審決定に寄せてー司法の闇を救済する

■ネット配信記事、ASAHI.COM(2011年11月30日11時44分)は、「86年の福井女子中学生殺人、再審決定」と題して、次のように名古屋高裁金沢支部の再審開始決定を紹介している。

*********
 福井市で1986年に中学3年の高橋智子さん(当時15)が殺害された事件で、名古屋高裁金沢支部の伊藤新一郎裁判長は30日、懲役7年の実刑判決が確定して服役した前川彰司さん(46)=同市=の再審開始決定を出した。検察側は名古屋高裁への異議申し立てを検討するとみられる。
 前川さんは86年3月19日夜、福井市営住宅2階の一室で、この部屋に住む智子さんを五十数カ所刺すなどして殺したとして起訴された。90年9月の福井地裁判決は前川さんの関与を示唆した複数の証言が捜査・公判を通じて変遷しているとして無罪(求刑懲役13年)としたが、95年2月の高裁金沢支部判決は「ささいな変遷」と判断。シンナー吸引による心神耗弱状態での犯行と認めて懲役7年を言い渡し、確定した。
 決定は、過去の公判で手書きの図面で出され、検察側が再審請求審で新たに出した遺体の解剖写真の分析結果について検討。「五十数カ所の傷のうち2カ所は被害者宅の包丁2本とは別の刃物でつけられた可能性がある」とした弁護団提出の法医学者の意見書に基づき、「2本の包丁だけで形成できると判断した確定判決の判断には合理的な疑問がある」と判断した。
 さらに、2004年の再審請求後に検察側が開示した捜査段階の目撃者らの供述調書29通を踏まえ、「事件の夜に血の付いた服を着た前川さんを見た」「前川さんが逃走に使った乗用車に血痕がついていた」とした知人の元暴力団組員の供述や前川さんをかくまったアパートの住民らの目撃証言について検討した。
 決定は、前川さんが逃走に使ったとされた乗用車に被害者の血痕が付着していなかったとする新たな鑑定結果に反しているとし、元組員の供述は「信用性が脆弱(ぜいじゃく)」と指摘。アパート住民らの証言もあいまいな点や食い違う部分があり信用性に疑問があるとし、「前川さんが犯人であることを示す証拠はなく、犯人と認めるには合理的な疑いが生じている」と結論づけた。
***********

決定要旨を読んで、大きな角度から、次の感想をもった。

■まず、「再審、新しい時代へ」、、、である。
 というのも、本件は、虚偽自白の発見、DNA鑑定の誤り確認など有罪の大黒柱が崩れて再審が認められる事件ではなく、一審、確定審で吟味された犯行後の犯人の様子を見聞した参考人らの供述が信用できるかどうかが争点であった。
 決定は新たに調べた状況証拠に照らして供述の信用性を否定し再審を認めた点に特徴がある。
 決定の背景にあるのは、この数年の間に、警察・検察の密室での取調べではかんたんにうその供述が作られるという認識を裁判官も認めざるを得なくなったことだ。
 また、供述が細部にわたり大きく揺れていても、請求人の犯人性を示す供述の「大筋は一致している」というおおざっぱな事実認定のルールは、司法官僚である裁判官のみが共有してきた特異なものであることも明らかになったことだ。

 市民が裁判員として刑事裁判に関与する時代になっており、その目で観たときに、検察官が十分な証拠開示をせず、一審・控訴審で、被告側は有利な証拠を十分に検討する機会もなく、その後も未開示の証拠がたくさん隠されたままであった状態では、公正な裁判を実現したともいえない。

 今回の決定は、取調べの可視化、市民良識による事実認定という新しい時代にマッチした再審の新しい運用とみてよく、高く評価できる。



■「密室取調べの闇を打破し、過去のえん罪を糺すべき」、、、これが第2の観点だ。

 裁判官は、今まで、自分たちの身内の判断の過ちを認めたくないので、再審の門を固く閉ざしてきた。
 しかし、市民が裁判員に参加する「市民主義」の時代になったとき、密室の取調べで容易に「虚偽供述」が作られてきた事実を率直に認めざるをえなくなってきた。
 
 再審の運用を振りかえると、かつては、無罪を明らかに示す単独の証拠が必要であった。
 次に、今は、旧証拠とあわせると、「合理的疑い」が確実に生じる場合であればよい時代になっきた。
 今回の決定は、さらに証拠開示された、あらたな状況証拠多数と旧証拠とを総合評価したときに、「合理的疑い」が生じる可能性があれば、再審を開くことを認めたもの、とみてよさそうだ。

 つまり、再審を非常救済のための特殊な手続としてではなく、むしろ、「第4審」として事実審を行なうのと等しい。

 密室取調べで虚偽供述を生み、証拠開示をせずに被告側に有利な証拠を隠してもよかった時代には多数のえん罪が発生した可能性がある。

 今回の決定は、再審を柔軟に運用して、こうした我が国刑事司法の負の遺産を救済する道を開いたものとして、位置付けることができれば、と思う。



 ご本人と、弁護団、御支援の方々の御努力に敬意を表するものである。
posted by justice_justice at 12:29 | TrackBack(0) | ■裁判ー起訴された事件 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。