2011年06月09日

上野・国立西洋美術館『レンブラント 光の探求・闇の誘惑』展

 6月8日、午後。レンブラントを上野でみた。
 エッチング、版画が中心。題名の通り、「光」を人に当てる近代絵画の手法が存分に威力を発揮している。
 「光」の焦点を、神から人、個人、顔、表情、、、に当てた作品群。オランダの国立美術館でも見たが、ここ学生以来のなじみの美術館で見るのもいい。
 今回は、公務出張の余暇利用。
 公務同行の事務方トップと一緒。彼女もこの美術館が好きだという。
 「人生が終わる、その最後の訪問はいつになるのだろうか」と愚にもつかないおしゃべり。
 もっとも、30年近くになる美術館訪問。上京がおぼつかなくなる直前に最後のお別れのつもりで訪問することはあると思う。
 但し、かなり先延ばしをする予定だが。

rembrandt00.bmp


rembrandt01.bmp

posted by justice_justice at 06:23 | TrackBack(0) | ●教養ー美術・音楽・博物 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。