2010年12月26日

■今月の音楽シーンーハーブと講談

 『もしもハーブと講談が出会ったら!』。

  素人にも、奇妙な音のコラボ。
  こんな組み合わせのミニコンサート(?)に12月25日、クリスマスの日に、神戸で参加。高校以来の友人がコーディネートする集まり。
 40人ほどの入れるコンサート会場。佐々木千恵さんの演ずるハーブが目の前3メートル先にあり、今日の講談師、旭道小二三師匠の座る講談席がその隣。

 マイクを通さない、ライブ音楽。講談師の喉と体から出る音とリズムも、ハーブの弦が共鳴し合う音もそのまま体に響く。

 ヘンデルの『パッサカリア』ほか数曲とクリスマスメドレーをハーブで。出世の白餅を講談で聞いた後、12月にちなんで赤穂義士伝の一話を、ふたりのコラボで、、、。

■佐々木千恵さん関連ホームページ
http://nishinomiya-style.jp/who/0911sasaki/page2.html

http://yaplog.jp/chie-petite/

■旭堂小二三師匠関連ホームページ
http://www.office-kimiko.com/

http://blog.livedoor.jp/kofumi/





posted by justice_justice at 05:47| ●教養ー一般 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。