2010年11月16日

■神戸元町の一日

*神戸市立博物館
http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/museum/main.html

 「川西祐三郎展」−版画。その父の「川西 英作品展 サーカス特集」も同時開催。神戸の創作版画を確立した川西 英とその子、川西祐三郎氏の作品群が並ぶ。
 上野でみたデューラーの版画の迫力に比べると、神戸の明るい日差しの中で、父の遺産を受け継いでのびのびと版画の世界を展開した軌跡が作品に描かれている。
 上品でハイカラな神戸を描く、そんな感じか。
 神戸元町の旧居留地。大丸を挟んで、東方面へより神戸らしいファッションを採るか、西に向かって、中華街を目指し、その大衆性を満喫するか、、、
 ルミナリエの準備のはじまった通りに一瞬佇んだが、今日の同伴者、研究打合せの口実のもとに引っ張り出したK大学の、とある先生。「中華街!」。
 海上保安庁がすぐ近くにあるのはこのとき始めて知る。
 やけにパトカーなど警備が厳しい。横浜ではあるまいし、事件かな?とうかつなことを話ながら、そうと気づく。ここに尖閣列島ビデオ流出の犯人が滞在しているのだ、と。
 今日の報道では、事実上の拘束は解かれて、任意捜査継続とか。
 基本的には、罰金程度の軽微な処置で終わるだろう。
 さて。中華街。いままでいい加減に歩き回っていたが、今回は一歩ディープな世界へ。
 水餃子専門店
*そのHP
http://www.nankinmachi.or.jp/phpshop/shop_hp_type_a.php?no=25
 みそだれで食べる餃子専門店
 中国茶の専門店、、、、。
 なるほど、脱帽。

 かくして、息抜きのひとときであった。
*本日のブログ関連写真ー神戸、旧居留地
http://justice.netspace110.jp/blog/blog_101116.html

posted by justice_justice at 08:13| ●観光(日本) | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。