2010年10月09日

■特捜検事証拠かいざん事件ーマスコミ・コメント(5)ー共同通信配信「特捜解体論」

■西日本新聞2010年9月22日(朝刊)は「焦点・FOCUS=成果主義/暴走招く?/主任検事逮捕/特捜に構造的な問題/エリート集団『自分に甘く』」と題して、共同通信配信記事を掲載しているが、その中で、次のコメントを採用してもらった。
****************
 ●もはや解体すべきだ 
 ▼渡辺修甲南大法科大学院教授(刑事訴訟法)の話 捜査のエリートである特捜部が捜査権限を使って犯罪をでっち上げるため証拠物を都合よく改ざんしたことは、正義を実現する組織として信頼されてきた検察の存在意義を根底から揺るがす重大な事態だ。
 証拠物を軽視し密室取り調べでストーリーを押し付ける異常な実務感覚が検察内部に浸透しているのではないか。特に、東京や大阪の特捜部が内部批判も受けず、暴走しがち。もはや解体するべきだ。
 検察捜査の適正化のためには、証拠物の管理規定だけでなく被疑者、弁護人も開示を受けられる手続きを設け、また、取り調べの全過程録音録画の立法化も急ぐべきだ。そうでなければ検察捜査への国民の協力は得られず、捜査力の低下を止められない。
 今後、主任検事のフロッピーディスク改ざんに大阪地検の組織的な関与があったのか解明をしなければならないが、最高検が身内の捜査をしても国民は信頼しない。
 野球賭博問題で第三者による独立委員会を設けた日本相撲協会のように、最高検も弁護士、有識者、市民、警察など外部の人を入れた第三者委員会を設けて、捜査が適正に行われているかどうか常にチェックしてもらう態勢を整えるべきだ
posted by justice_justice at 00:53| ■「特捜崩壊」 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。