2010年09月25日

■『敵は本能寺』ー三足の蛙

*本日のブログ関連写真ー本能寺、京都ー
http://justice.netspace110.jp/blog/blog_100921.html

 9月21日、朝日新聞が特捜検事の証拠改ざんを報道した日。用事で京都にいた。終わり次第、大阪の事務所に戻る予定のところ、取材依頼が来た。時間調整の必要があった。ふと寺町御池にある本能寺に立ち寄った。用までの時間調整だが、実に、京都に8年学生、院生としてすごし、その後もここ本能寺の前を幾度となく歩いているのに、中に入ったのは初めて。

 織田信長が襲撃されたときの本能寺とは場所が違う、という意識が中に入ろうとする意欲をそいでいた。
 が、今回はふと思うがままに足を向けた。
 宝物館があった。
 『三足の蛙』の香炉に見入った。
 事変の前日、蛙が鳴いた、という。
 ならば、異変に備えて、身辺を怠らなければよかったのに、、、と余計なことを考えてしまう。
 見事な造り、であった。

 帰りの電車の中で、、、
 『敵は本能寺にあり』、この言葉を思い浮かべて苦笑。村木さんを有罪に追い込もうと必死になった大阪特捜。しかし、これを裏切って正義を崩壊させたのは、他ならぬ、明智光秀こと前田検事であった。

 観光だけのつもりが、妙なところで今回の事件に結びついてしまった。苦笑の所以である。
posted by justice_justice at 14:27| ●観光(日本) | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。