2010年03月27日

●法廷通訳1人制の危険 by Makiko

ぎしゅう先生のコメントにさらに一言。

新潟の裁判では、通訳人自身が「1人で大丈夫」と言ったらしいが、これと同じことが今後も各地で起きるだろうと、関東方面で活躍する知人のベテラン通訳人は危惧している。その理由は、通訳料金の問題だ。

通常、会議通訳の場合は2人制ないしは3人制が当たり前で、全員が拘束時間に対して通訳料金を支払ってもらっている。ところが、法廷通訳の場合、本人が何分間訳したかを集計して料金を決定しているという。そのため、2人になると拘束されている時間は同じなのに、支払われる料金が半分になってしまう。裁判所側は、日当を別に支払っているのだから、拘束時間分はそれがカバーしている、と主張しているそうだ。日当とは、以下の「刑事の手続きにおける証人等に対する給付に関する規則」に従って支払われる。「スズメの涙」ほどだ。

第三条 法第四条第二項の日当の額は、証人については一日当たり八千円以内、鑑定人、通訳人又は翻訳人については一日当たり七千六百円以内とする。

この料金設定がすべての裁判所で行われているかについては知らないが、もし、それが方針として確立するなら、これは大変なことだ。もはや、裁判員裁判で正確な通訳を保証できなくなる。

上記のような料金設定になると、優秀な通訳人が納得いく料金を得るためには、2人制では無理ということになる。当然一人でやりたいということになる。そうなると、疲労の問題が解決できない。

どんなに優秀な通訳者でも、30分以上通訳すると、通訳の質の劣化が見られる。これは逐次通訳についても同じである。特に、法廷という場は大変緊張を強いられる。会議通訳は意味が等しく伝わればいいが、法廷通訳は細かいニュアンス、話し方までも正確に訳さなければならないし、言葉の法的意味合いを正確に理解し伝える必要もある。最も精神的負担の多い通訳分野の1つだ。つまり、通常の通訳業務よりも疲労しやすいということである。

また、上記の料金設定で満足できる通訳人であれば、2人いたとしても、その質の保証はできなくなる。もちろん、非常に優秀な通訳人がボランティア精神を発揮して、低い料金でもやってくれるなら話は別であるが・・・。

裁判員制度導入当初、通訳は当然2人制になり通訳人に対しては1日拘束された分の料金が支払われるだろうと期待した。これで、充分な報酬が確保され、少なくとも裁判員裁判には優秀な通訳人が集まってくる土台ができると喜んでいた。だが、その期待も幻に終わりそうな気配である。

日本の法廷通訳制度がこれでいいはずはない。

posted by justice_justice at 11:08| □「ことば」の世界ーまきこ先生が語るー | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。