2010年01月31日

『明日に架ける橋』ーサイモンとガーファンクル

■音楽シーンがあまり生活にないのが、ブログ編者の実情である。
 ただ、いくつかの歌とサウンドトラックがいろいろな時代と場所と人との関わりで、心に染みついている。
 誰もが知っている著名な曲、『明日に架ける橋』もそれだ。
 "Bridge Over Troubled Water"
 英語の単語の組み合わせの「深さ」にも新鮮な感動を覚えた。その訳はもっと見事だ。「明日に架ける橋」。
 "troubled water"
これは歌を聞く人がそれぞれの思いを込めて、自分に引きつけて理解するのだろうと思う。
 ブログ編者の世界で言えば、「刑事司法」の世界もまたひとつの"troubled water" であるのかもしれない。
 「混沌」を乗り切る「橋」。時代も社会もそれを求めているのだろう。
 だから、ふと、ツタヤの前を通ったとき、このCDを借りたくなったのだと思う。

■You Tubeのサイトから
http://www.youtube.com/watch?v=GYKJuDxYr3I&feature=related
<歌詞>
When you're weary, feeling small,
When tears are in your eyes, I will dry them all;
I'm on your side. when times get rough
And friends just cant be found,
Like a bridge over troubled water
I will lay me down.
Like a bridge over troubled water
I will lay me down.

When you're down and out,
When you're on the street,
When evening falls so hard
I will comfort you.
Ill take your part.
When darkness comes
And pains is all around,
Like a bridge over troubled water
I will lay me down.
Like a bridge over troubled water
I will lay me down.

Sail on silver girl,
Sail on by.
Your time has come to shine.
All your dreams are on their way.
See how they shine.
If you need a friend
Im sailing right behind.
Like a bridge over troubled water
I will ease your mind.
Like a bridge over troubled water
I will ease your mind.

posted by justice_justice at 09:25| ●教養ー読書 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。