2009年10月07日

■神戸・裁判員裁判マスコミ・コメント(下)


kobe_090909_03.jpg
 神戸新聞に、神戸地裁の第1号裁判員裁判を傍聴した感想を掲載する機会をもらった。次のようなものである。

■「真実を聞く場に近づいた」ー神戸新聞09年09月09日(夕刊)ー
 市民が主役の裁判で、分かりやすい立証に変わった。検察官の供述調書朗読は見事だった。モニターで視覚的に主張を示し、リズミカルに物語を読むようだった。裁判員の胸に響いたと思う。
 一方、弁護側は旧来の刑事弁護の枠を超えておらず、工夫の余地がある。検察と違って、弁護は当番や国選により個人で事件を受け持つ構造的な弱点がある。組織的研修で力量を高めてほしい。
 検察も弁護側も、どのような刑が妥当かを正直に裁判員に伝えるようにしないといけない。「(判決は求刑の)8がけ」という司法の常識はわかりにくい。時間に追われる「効率司法」の裁判も避けてほしい。
 裁判員は、厳しく叱るように、優しく諭すように、市民の目線を活かしながら本質を突いた質問をし、被告人の本音を引き出していた。
 判決後の裁判長の説諭は、市民による賢明な評議、思いをくんだ味わいのあるものだった。被告の立ち直りにも有効では。保護観察を付けた判決は、社会全体で被告人を見守ろうとした市民の英知が生かされ、画期的だ。
posted by justice_justice at 09:58| ■裁判員裁判ー神戸 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。