2009年05月09日

■オランダ紀行(3)ー歴史博物館、国立博物館、ゴッホ美術館

 アムステルダムには大小の美術館、博物館がある。今回は、一日しか余裕がなかったので、うち著名な3つを選んで足を運んだ。
 歴史博物館。
 オランダの歴史を絵画など交えて知ることができる格好の場所だ。内部の写真撮影も許されている。16世紀に入り、市民がリーダーとなるにつれて、いわば集団肖像画というべき絵画が発展してくるのが分かる。それが当時の市民生活の様子を如実に伝えてもいる。
 国立博物館。
 言わずとしれたレンブラント『夜警』のある場所。むろん、大勢の見学者とともに、10分ほどもたたずんで、一度立ち去りかけてもう一度戻ってみた。世界の傑作を、人生のひととき、眼前においてみることのできた瞬間である。
 ゴッホ美術館。
 ゴッホの作品は5階建ての美術館の地上階の次、1階部分にある。おりおりに見るゴッホの作品だが、今回は殊の外自画像に関心が向いた。自分を、穏やかな人物に描くゴッホと狂気を描くゴッホ。時代と社会をどう読み取って作品の中に込めたのだろうか。

写真は、順に、歴史博物館の作品のひとつ、国立博物館の入り口風景、ゴッホ美術館で購入したゴッホの自画像絵はがきを示す。


netherland_museum01.jpg















netherland_museum00.jpg













netherland06.jpg

posted by justice_justice at 08:46| ▼世界旅行ーオランダ紀行 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。