2009年02月01日

●逆転の発想・・・「空飛ぶペンギン」bi Makiko


2008 旭川 旭山動物園 021.jpg
2008年の4月1日、エイプリル・フールの日に、イギリスのBBC放送がニュースとして流した映像が話題なったが、非常にうまく作られていて、本当にペンギンたちが空を飛んだと信じた人たちも多くいたようだ。絶対に空を飛ぶはずのないものが空を飛んでいるという逆転の発想が、人々に大いにアピールしたようだ。
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%F5%C8%F4%A4%D6%A5%DA%A5%F3%A5%AE%A5%F3

 だが、この「空飛ぶペンギン」というコンセプトは、旭川の旭山動物園では、もっと以前から実行に移されている。ペンギン館では、水槽の中に見学者の通れる通路があり、そこを通ると、頭上には、まさにペンギンが空を飛んでいるような光景が展開されるのだ。地上でヨチヨチ歩くペンギンはとても可愛いが、泳いでいるペンギンたちは、まるで魚であるかのように、すいすいとハイスピードで自由に動き回り、別の生き物のようだ。それを下から眺めると、まさに「空を飛んで」いる。

 このように逆転の発想は、旭山動物園ではいたるところに見られる。自由に暮らしている狼たちの真只中に人間が顔をのぞかせることの出来る、硝子張りのドームがある。人間が動物に見られるのだ。白熊の水槽の水面と人間の頭が同じ高さになる通路があり、水面下の白熊のお尻を見ることが出来る。ここでは、人間の頭が見えると、白熊は水面に何か餌が現れたと思い、突進してくる。(最近は、飽きてしまって、なかなかやってこないそうだ。)

 さて、空飛ぶペンギンに話を戻そう。水中を泳いでいるペンギンが空を飛んでいるように見えるのは、空と海にはかなりの近似性があるからのではないかと思わせる。どちらも色彩的にはブルーであるし、大自然の中で広大な広がりを持つ点で共通している。海に海流があると同様に、空には気流がある。海から蒸発した水が大気に満ち、そしてまた、雨となって海に降り注ぐのは、海と空を作っている物質が共通しているということである。

 昔の神話などで、どこか異国の人が海を渡ってやってきたという事実が、「天からやってきた」という伝承になることが多いという。「高天原」は海の向こうにあった、というような説を唱える人もいる。実際に、はるかかなたの水平線から何かこちらにやってくる光景は、遠くの空から何かがやってくる光景によく似ているのだ。また、「飛行船」とか「宇宙船」ということばも、海に浮かぶ「船」からきている。
 海と空が同じであるという発想は、言葉そのものにも表れている。「海」という字は「あめ」「あま」と読む。壬申の乱の勝者は「大海人皇子(おおあまのみこ)」であるし、海に潜って魚貝類を取る女性は「海女」である。空はもちろん「天」であり、これも「あめ」「あま」と読む。

 現代人は、海と空とはまったく逆のものであると思っているが、大昔の人々の意識では、そうではなかったようだ。ペンギンが飛んでも、特に「逆転の発想」などとは思わなかったに違いない。

posted by justice_justice at 15:07| □世界ーまきこ先生が観る | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。