2007年11月01日

■「キリスト」もの犯罪小説ーベルン便り


bern01.jpg
 一冊のポケットブックを読んだ。
 Kathy REICHS "Cross Bones"(2005)
2つ思い入れがある。
(1)キリストに関わると思われる骨が、イスラエルの古跡から見つかる。その奪い合いを巡る殺人事件の発生。これが一つめ。
 日本文化にはなじみにくいキリスト教への深い思いを背景にしてはじめて理解が可能な犯罪小説。
 ちょうど、Davinch Code がそうであるように、キリスト教の原点ーイエスキリストは神であること、マリアは処女であること、キリストは十字架に掛けられたが復活すること。キリストの血統はありえないこと、、、
 そのキリストの骨と疑われる発掘品を手にした骨董品商人がモントリオールで殺される。
 主人公は、女性法医学者、しかも、骨の専門家であるテンペランス・ブレナン博士。カナダ警察のベテラン刑事を恋人にもつ中年、独身女性(離婚歴あり)。
 彼女が、謎の繙きにを始める。
 結末は、あっけない。途中では、キリスト教文明を破壊するための原理主義者が介在するのではないかとか、バチカンが動いたのではないかといった推測を主人公等はするのだが、すべて空回りにおわる。イスラエルがユダヤ教を守るためにキリスト関係の遺跡を集めて破壊しているのではないか、そんな筋書きもちょっとかいま見える。
 だが、結局、ごくありがちな殺人劇であった。
 骨董商が雇った女性店員と不倫関係になるが、結婚を迫られた骨董商が店員を追い出す、それに怒った復讐劇。ただ、イスラエルの遺蹟庁の長官(と思う)がちょっと筋に絡んで、一財産造るために、キリストの骨を奪おうとして、この女性に殺される。
 壮大なスケールで始まったのに、尻切れトンボの観が強いが、やむをえない。
 ともあれ、面白かった。

cros-bones.jpg
(2)二つめの思い入れ。
 この本は、実は、06年3月にスイス、ベルンで買った。ベルン中央駅の東側にある商店街のあるビルに入る大きな書店。
むろん、基本はドイツ語。小説のコーナーで何気なく見つけたのがこの本だ。
497頁の厚い本を買ってホテルに持ち帰った。本には、店の値札を付けたままにしている。
旅にでたとき、数冊の文庫本を買い込む。次に外国に出るまでに読む、そんな読書サイクルをはじめて数年になる。
 家並みの揃った旧市街の美しさとともに、やや殺伐な内容の小説に忘れがたい思いが宿る。
また、アーレ川に囲まれた旧市街を電車でちょっと南にでると、そこにベルン歴史博物館がある。
 中世のヨーロッパを語る遺蹟の数々。その中に、法律のシンボル、テミス神の像もある。姿形は異なるが「正義」を貫く姿勢と天秤は国を超えて共通する。
 もともとベルンには、司法制度の調査に出向いた。そんなこともあってか、犯罪、裁判ものの本を趣味的に買う。
 この本もそんな一冊だ。
 作者と作品の有名度は知らない。
 カナダ英語の独特の言い回しにも辟易したが、ストーリーを読み切れない英語で読み切ったおもしろみが残っている。
 またベルンのあの本屋で次の小説を買い込みたいものだ。

bern00.jpg

posted by justice_justice at 00:58 | TrackBack(0) | ●教養ー読書 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。