2013年12月21日

■起訴状の記載ー被害者のプライバシー保護と被告人の防御の利益

■「性犯罪やストーカー事件――匿名起訴状、司法手探り(フォローアップ)」
 日経(朝刊)2013/10/14は,上記の表題で,性犯罪などについて,起訴状に被害者の氏名など被害者特定事項を記載すべきか,問題にする。これを認める利益はある。なによりも被害者のプライバシーの保護だ。次に,氏名が広がることによる二次被害の危険性だ。さらに,犯人からの復讐や再度の攻撃の危険さえある。他方,被害者が特定されていなければ,防御に支障がである。被害のでっち上げ,誇大化などえん罪の温床になる。
 記事は,次のように述べる。
****以下,引用*****
 東京地裁で9月11日、強制わいせつ罪に問われた被告の公判が開かれた。女児が公園のトイレに連れ込まれ、被害に遭った事件。検事は女児の実名を伏せ、母親の氏名と続き柄を記した起訴状を提出した。
 地検は5月に起訴した際、「被告がトイレに連れ込んだ児童」との表現にとどめた。「加害者は見ず知らずの男で、実名を明かせば二次被害の恐れがある」というのが理由。しかし、地裁は氏名の記載を要請。検察幹部は「譲歩しなければ公判打ち切りの可能性もあった」と打ち明ける。
****************

 実際にも,実害の事例もある。「・・・検察は従来の原則を変えた。昨年11月に起きた神奈川県逗子市のストーカー殺人事件も要因の一つ。警察が別事件で元交際相手の男を逮捕する際、逮捕状に記載した被害者の氏名などを読み上げたことが、後の惨劇につながったとされる」と記事は続く。
 最高裁は,記事によると,今年9月中旬、埼玉県和光市の司法研修所に約20人の刑事裁判官を集め、「再被害の恐れが高い例外的な場合は匿名の必要性が高くなる」との意見で一致したという。

 このテーマについてさしあたり,上記記事に次のコメントを掲載した。

■渡辺修・甲南大法科大学院教授(刑事訴訟法)は「起訴状の記載内容にとどまらず、公判全体を通じた被害者の権利への配慮が必要」と指摘。「被告の防御のため、被害者の実名が不可欠か否かは事案によって異なる。裁判所と検察、弁護人が事例を積み重ねながら、今後のルール作りを進めていくべきだ」としている。
posted by justice_justice at 05:45 | TrackBack(0) | ■裁判員裁判ー一般 | 更新情報をチェックする

2013年12月20日

ツイメルマンのコンサートー兵庫県芸術文化センターにて

12月19日夜。兵庫県芸術文化センターにて,ツイメルマンのピアノリサイタル。彼は,世界でも著名なピアニストだ。編者のコンサート参加は2度目。今回は,ベートーベンのピアノソナタ30番,31番,32番。
zimerman00.jpg
 鍵盤の最後の一たたきの余韻が広いホールにしみじみと伝わって消えていくのは素晴らしかった。休憩を挟む2時間ほどのコンサートがあっという間に終わった感があったのは,演奏のすごみなのだろう。
 もっとも,すこし疑問が残った。
 第1。開演前の代読による観客へのメッセージ。今回のツイメルマンのコンサートは11月予定のものが延期されたものだ。だから,なにはともあれ,延期になったことへの謝罪かなと思った。しかし,そんなことにはひと言も触れられなかった。鼻白む思いになる。
 第2。さらに,その観客へのメッセージの結論は,要するに,会場で録音したものをY−TUBEに無断でアップする不届き行為をするな!という強い警告だ。確かにそうなのだが,開演直前に出演者が直接観客に代読までさせて聞かせるべきメッセージとは思えない。しかも,観客配布の演奏会案内のパンフの結びにも,「どうかクリスチャン・ツイメルマンという人間とアーティスト個人の権利を尊重し,音楽や映像を記録する装置の使用はご遠慮いただくようお願いしたい」で結ばれている。くどい。なにがあったのか知らないが,逆に大勢のしんしな観客には失礼極まりない。
 第3。彼は,予定の曲目を終えて,カーテンコールに2度答えて手を大きく振ってあいさつした。だが, アンコールのコールには答えることなく,再度ピアノの前に座らずにコンサートを終えた。「かれは,そうだ」,というのがこの世界の常識なのかもしれないが,一庶民たる観客に留まる編者には「傲慢不遜」にしか見えない。
 今後,敢えて彼のコンサートを選ぶことはない。
posted by justice_justice at 05:17 | TrackBack(0) | ●教養ー美術・音楽・博物 | 更新情報をチェックする

2013年12月19日

■毒入りカレー事件異聞ー再審と弁護人依頼権保障

■毒入りカレー事件異聞ー死刑囚と弁護人依頼権
 死刑確定者として大阪拘置所に収容されている原告が、京都弁護士会所属の弁護士に対して再審請求事件(和歌山カレー事件)の弁護人への就任等を依頼する旨の手紙につき、発信願の申出をしたところ、これを不許可とされたことがある。原告は,再審弁護人の選任権を侵害されたとして国家賠償訴訟を提起した。
 大阪地判平成25年10月17日(平成24年(ワ)第9822号)は,大阪拘置所長がした不許可処分は、刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律139条1項2号に違反するものであり、大阪拘置所長の職務上の法的義務に違背する違法なものというべきであるとした。
 この判決について,次のようにコメントした。

■毒物カレー事件・国に賠償命令 甲南大学院教授 「高く評価できる」
NHKニュース(平成25年10月17日)
 毒物カレー事件の林真須美死刑囚の訴えの一部を認め、国に賠償を命じたきょうの判決について、甲南大学法科大学院(コウナン)の渡辺修(ワタナベオサム)教授は「死刑囚は再審を請求する権利があるが、その場合、弁護士を選任する権利も憲法によって保障されている。死刑囚が直接、弁護士と交渉することが認められている死刑囚にとって最も大切な権利のひとつだ。そうした趣旨を認めた判決であり、高く評価できる」と話しています。

posted by justice_justice at 05:16 | TrackBack(0) | ■再審ーえん罪救済 | 更新情報をチェックする

2013年12月18日

■名張ブドウ酒事件のてんまつー冤罪救済の道を閉ざす最高裁

◆名張ブドウ酒事件の再審の最近の動きは次のようなものだ。
2005年 4月5日、名古屋高裁(第1刑事部・小出ロ一裁判長)が再審開始を決定した。同時に死刑執行停止   の仮処分が命じられた。
   12月26日に名古屋高裁(第2刑事部・門野博裁判長)が再審開始決定を取り消す決定を下した(死刑   執行停止も取り消し)。 
2010年 4月 5日,最高裁は,決定で、犯行に用いられた毒物に関し「科学的知見に基づき検討したとはい   えず、推論過程に誤りがある疑いがある。事実解明されていない」と指摘し、再審開始決定を取り消   した名古屋高裁決定を審理不尽として破棄し、審理を名古屋高裁に差し戻した。
2012年 5月25日、名古屋高裁(下山保男裁判長)は『捜査段階での被告人の自白に信用性が高い』と看做   し、検察側の異議申立てを認めて本件の再審開始の取り消しを決定。
2013年10月 16日、最高裁判所第1小法廷(桜井龍子裁判長)は名古屋高等裁判所の再審取り消し決定を支   持し、第7次再審請求にかかる特別抗告について棄却する決定を下した。
2013年11月 5日、弁護団が名古屋高裁へ第8次再審請求を申立。

以下は,10月16日の最高裁の再審開始を否定した決定に関する記事とコメントである。

■讀賣新聞平成25年10月18日付け(中部,朝刊)は「名張毒ぶどう酒・最高裁決定 農薬巡り激しい科学論」として,次の記事を掲載した。

*******以下,引用********

  第7次再審請求で焦点となったのは、捜査段階で奥西死刑囚が使用したと自白した農薬「ニッカリンT」を巡る科学論争だった。
 2002年4月に始まった再審請求で、弁護側がニッカリンTの鑑定結果など5点を新証拠として提出。名古屋高裁刑事1部は05年、毒物がニッカリンTでなかった疑いがあると判断するなど、3点を新証拠と認め、再審開始を決定。しかし、同高裁の別の裁判部での異議審は、3点の証拠がいずれも無罪を裏付ける証拠と認めず、決定を取り消した。
 続く特別抗告審では、弁護団、検察側双方が学者の意見書などを提出し、激しく争った。このため、最高裁は10年、「科学的知見に基づく検討をしたとはいえず、いまだに事実は解明されていない」とし、審理を差し戻した。
 差し戻された名古屋高裁では、製造中止となっていたニッカリンTをメーカーに製造させ、成分を分析する新鑑定を実施。その結果を基に、高裁は昨年、使用された毒物をニッカリンTだと認め、自白には信用性があると判断していた」。
***
 この事件に関して,次のコメントを掲載した。

 ◆真相解明の機会奪う 
 渡辺修・甲南大法科大学院教授(刑事訴訟法)の話「奥西死刑囚が犯人であることに合理的な疑いが残っていると感じられ、真相解明が優先されるべきだ。そのためにも再審を行って証拠を検討する機会を持つ必要があると思うが、今回の最高裁決定はその機会を奪ったもので評価できない。最高裁が再審開始のハードルを高くして、その道を閉ざしている」
posted by justice_justice at 06:56 | TrackBack(0) | ■裁判員裁判ー一般 | 更新情報をチェックする

2013年12月17日

■児童虐待を疑われる事件と防止への道

 和歌山市のある会社員は平成25年7月、自宅で長男(2才)の頭に複数回暴行し、死亡させたとして逮捕された。児相は昨年2月から長男を乳児院に入所させていたが、面会や外出、外泊を計65回重ね事件の約2週間前に自宅に戻していたという。下記記事の段階では,父親は一貫して容疑を否認しているという。
 以下,新聞記事を引用し,編者のコメントを転載する。

■「不起訴の説明/児相になく/傷害容疑2件/父に疑念も帰宅判断/和歌山」
2013/11/05 大阪読売新聞 朝刊 39ページ 1740文字 書誌情報
 ◆防げなかった2歳虐待死    
 和歌山市で起きた男児虐待死事件では、児童相談所(児相)は父親の虐待を疑いつつ、保護していた男児(長男)を家に戻した。2年前、長男への二つの傷害容疑がいずれも不起訴(起訴猶予)になった父親について、その理由は和歌山地検から伝えられておらず、児相関係者は「(父親らに)『潔白』と受け止められ、故意の虐待との認識を持たせられなくなった」と明かす。それでも、面会などを重ねて最終的に帰宅を決めた児相、そして捜査機関が「危険性を認識できた」との事実は消えない。事件を防ぐことはできなかったのか。
 「(死亡という)結果なので判断が甘かったと言われれば致し方ないが、(帰宅させた判断が)間違いと言われるとすれば残念だ」
 父親が傷害致死容疑で逮捕された先月23日、和歌山県子ども・女性・障害者相談センター(児相)の巽清隆所長は記者会見で、結果責任の重大さを認めつつ、家族関係の修復を図った対応への苦悩をにじませた。
 父親は2011年11〜12月、長男の右の太ももを踏んで骨折させたり、顔に肩を打ち付けたりして負傷させたとして逮捕、再逮捕されたが、地検はいずれも起訴猶予とした。
 起訴猶予は「罪を犯した事実は認定できるが、起訴するほどの悪質性がない」などの場合の処分で、同じ不起訴でも証拠が足りない嫌疑不十分などとは異なる。傷害容疑は、児相が県警に通報したもので、児相関係者によると、捜査機関から処分結果の連絡はあったが、理由説明はなかったという。
 児童虐待問題の専門機関「子どもの虹情報研修センター」(横浜市)の川崎二三彦研究部長は「虐待の容疑での逮捕者が、起訴猶予とはいえ不起訴になると、その者を含む保護者側は無罪と受け止め、虐待の改善を求める児相の立場は弱くなる。不起訴理由を詳しく知ることができない児相は、疑問を抱えたままの対応を迫られるのが現状」と話す。

◆「捜査情報の共有 法整備を」 
 甲南大法科大学院の渡辺修教授(同)は「起訴猶予がどうかではなく、児相が起訴猶予を甘く捉えすぎたのではないか」と話す。児相は今回、厚生労働省が家庭復帰の判断材料とする項目の中で「(保護者が)虐待の事実を認め、問題解決に取り組んでいる」について、「当てはまらないが、総合的に帰宅を認めた」とした。渡辺教授は「家庭に戻す判断はもっと厳しくすべきだ。ただ、不起訴理由が児相に伝えられる場があってもいい」とする。
posted by justice_justice at 05:25 | TrackBack(0) | ■裁判員裁判ー一般 | 更新情報をチェックする

2013年12月16日

■ふたつの書類偽造事件ー「調書」文化の弊害

■大阪府警、虚偽調書問題――チェック体制機能不全、問われる警察の姿勢。
2013/12/13 日本経済新聞 大阪夕刊
 不正に気づいて正す機会はあったのに隠蔽を繰り返し、最後は偽証まで――。堺署の虚偽調書問題は、府警という組織のチェック体制が「機能不全」に陥っている実態を改めて浮き彫りにした。
 事件当日、留置管理課の警部補から虚偽調書の作成を指示された当直の生活安全課の警部補は、当直の責任者にやめるよう進言した。しかし当直の責任者は、留置管理課の警部補の説明をうのみにし、署長や副署長にも報告しなかった。
 「1つ目」の虚偽調書の発覚後、府警本部の刑事総務課の指導官(60)が堺署に派遣された。しかし指導官は、書類を見ただけの推測で「巡査長と巡査が上司の叱責を恐れて話を合わせた」とする調書のサンプルを作成し、刑事課員に渡した。刑事課員は「刑事総務課からそうするよう指示された」と思い込み、「2つ目」の虚偽調書の作成に至った。
 その後、指導官は、巡査長と巡査の報告書に「警部補が調書を作り替えた旨の報告があった」などと書いたメモを付け、刑事部長ら幹部5人に提出。しかし、口頭では「訂正調書で対応できる」などと伝え、十分な説明をせず、幹部らも書類を精査しなかった。
 指導官は、関西空港署で2011年に起きた取り調べ時の暴行事件などの不祥事を受け、昨年3月に新設されたポストだった。府警幹部は「チェック機能が働かなかった。報告体制や本部の指導を強化しなければならない」と話している。

◎甲南大法科大学院の渡辺修教授(刑事訴訟法)は「調書の体裁さえ整っていれば構わないと思いがちな警察の体質から問題が放置された」と指摘。「警察は問題を直視して速やかに改善策を取るべきだ。検察も警察内部の捜査を待たず捜査に乗り出すなどして警察の姿勢を問う必要がある」と話している。

■丹波市水道部 文書偽造問題 不適切前払い2件目発覚 3人の告訴取り下げへ 市長「組織で常態化」
2013/12/04 神戸新聞朝刊 30ページ 845文字 書誌情報
丹波市水道部 文書偽造問題
不適切前払い2件目発覚 3人の告訴取り下げへ 市長「組織で常態化」
 丹波市水道部の職員が、2011年度に発注した設計業務が終了していないことを知りながら「完了した」と偽って公文書を作成し契約金を支払っていた問題で、市は3日、「同様の事例が10年度にもあった」と発表した。市はこれまで「同様の事例はない」と繰り返してきたが、一転して水道部で虚偽文書の作成が常態化していたことを認めた。(小尾絵生)
 市は11年度発注分の問題で、職員3人を虚偽有印公文書作成・同行使容疑で刑事告訴しているが、「個人の資質ではなく水道部の体質の問題」だとし、告訴を取り下げる方針も明らかにした。
 今回新たに発覚した問題は、10年度実施の設計業務が完了していないのに契約金全額を支払っていたという。この設計に基づき着工。14年度に完了する予定だったが、設計資料が一部欠落していたことから、設計業務が終了していないことが判明した。契約金額など事案の詳細について、市は「警察が捜査中のため公表できない」としている。
 市は先に発覚した11年度発注分の虚偽文書問題以降、水道部を調査。市議会などで「同様の案件は他には確認されていない」と説明しており、会見した辻重五郎市長は「職員に裏切られた思い」と語った。
 さらに辻市長は「(不適切な業務が)常態化しているとみられ組織に責任がある。3人にだけ処罰を求めるのは違う」とも話し、「警察の捜査が終わり、贈収賄がないと判明した時点で告訴を取り下げる」とした。
 また、捜査終了後にあらためて職員に対する処分を行うという。

◎市役所全体に波紋も 甲南大法科大学院の渡辺修教授(刑事訴訟法)の話
 水道部の問題にとどまらず、行政組織全体に波紋が広がる可能性がある。告訴を取り下げても捜査は続く。税金の適正な使用や処理ができておらず、構造上の問題をえぐり出す必要がある。

■書類操作で,事実を糊塗する。よくもあしくも日本的な官僚主義の悪弊だ。警察と行政。公権力の側の共通の行動パターンなのかもしれない。
 「調書」文化の構造改革がない限り,今後も繰り返されるだろう。
posted by justice_justice at 07:31 | TrackBack(0) | ■事件ー捜査から起訴まで | 更新情報をチェックする

2013年12月15日

■奈良・警察官発砲事件ー控訴審も無罪指示

朝日新聞平成25年2月1日(夕刊)
「発砲警官、再び無罪 奈良で逃走男性死亡 大阪高裁」
以下,記事引用。
*************
 奈良県大和郡山市の国道で、逃走車の助手席の男性(当時28)が警察官の発砲を受けて死亡した事件で、殺人と特別公務員暴行陵虐致死の罪に問われた警察官2人に対する付審判(ふしんぱん)=キーワード=の控訴審判決が1日、大阪高裁であった。森岡安広裁判長は殺意や発砲の違法性を認めず、無罪(求刑懲役6年)とした一審・奈良地裁の裁判員裁判の判決を支持。検察官役の指定弁護士による控訴を棄却した。
 事件は2003年9月10日に発生。県警の自動車警ら隊巡査長だった東(ひがし)芳弘被告(36)と機動捜査隊巡査部長だった萩原基文(もとふみ)被告(36)は、車上荒らしに関与した疑いのある逃走車を止めるため、別の警察官と拳銃を8回発砲。うち2人が撃った計2発が助手席の高壮日(そうじつ)さんの頭と首に命中し、死亡した。
 森岡裁判長は、2人が発砲した助手席側の窓には黒い遮光フィルムが貼られ、被害者の姿は見えていなかったと指摘。昨年2月の一審判決と同様、至近距離から運転手の左腕を狙った発砲で、殺意はないと判断した。指定弁護士側の「至近距離からの発砲で照準を外すことはありえず、殺意は明白」との主張は退けた。
 また、車が前進や後退を繰り返しながら逃げようと暴走し、一般人に危害を加える恐れがあったことなどを挙げ、「逮捕するには、すぐに拳銃を使用する以外になかった」と判断。警察官職務執行法が定めた拳銃使用の条件を満たし、違法性はないと結論づけた。
 事件をめぐっては、高さんの遺族が殺人と特別公務員暴行陵虐致死の容疑で奈良地検に告訴。不起訴処分となり、公務員の職権乱用を審理する付審判を奈良地裁に求めた。地裁は10年4月、「発砲は違法」と判断し、審判の開始を決めた。
 ◆キーワード
 <付審判>
 公務員に職権乱用があったとする訴えを検察官から不起訴とされた告訴・告発人が、法廷での審理を求め、裁判所が妥当と判断した場合に実施される裁判のこと。裁判所が審判開始を決めると、起訴と同じ効力を持ち、検察官役は、裁判所が選んだ弁護士が担う。最高裁によると、現行の刑事訴訟法が施行された1949年以降、地裁の付審判開始決定は、奈良の事件を除いて計20件(今年1月30日現在)ある。9件で有罪、10件で無罪・免訴が確定。1件は一、二審が無罪で上告中。

posted by justice_justice at 14:07 | TrackBack(0) | ■検察審査会・付審判 | 更新情報をチェックする

■ミュージック・サタデイー仕事とミュージック

■ 昨日土曜日は,早朝から事務所にこもって事件の書類処理と,論文の整理。メールが入って,接見の依頼。府内某警察関係施設へ接見へ。
 それを終えて午後に西宮北口にある兵庫県立兵庫県芸術文化センターへ。アイリッシュダンスのコンサートを観る。例のごとく,趣味に蘊蓄は不必要と考えているので,ダンスの歴史も発展もなにも知らない。ただ,「すばらしい!」につきる。但し,ふと冷静に考えてみると,2部構成で途中に歌とバンドのパフォーマンスが入るのであるが,ダンス自体のパターンは同じだ。2時間も「観る」だけなら,飽きる。妻が,さほど乗り気にならなかったのも分かる。
 が,そうした些末なことはさておき,タップ,レッグのアクション,ジャンプ,グループでのユニティー等々を踏まえた,フロアーから響くタップの活き活きとしたリズムが体に染みこむ。よきひとときであった。
 
ragus.jpg


■ その後,北野坂へ向かう。
 朱恵仁のピアノを観て聴くライブがある。『ミッドナイトサン』。ソネのすぐ近くのジャズハウス。この界隈にはベイスンストリートはじめいくつかジャズスポットがある。それぞれの特徴があるのかもしれない。が,悲しいかな,これも素人の趣味の域でよくはわからない。それでいい。店にいって「通」を演ずるつもりなどさらさらない。とまれ,SAXと女性のVocalの3人のセッション。はじめてなので店の様子を見たくて,ステージの始まる7時半より30分早く出向いた。こじんまりとした店。
keijin.jpg

■ ただ,いくつか困ってしまった。
 第1。ピアノの置き方。鍵盤がテーブルとカウンターの反対側にある。「ピアノを弾く朱恵仁」を観に来たが,どの角度からも観れない。「鍵盤をたたく朱恵仁」が「ジャズ」なのに,と思う。
 第2。「常連客」傾斜。「どちらから?神戸の方か?なら,ジャズのお店たくさんご存じでしょう?」と語りかけてくれるのはいいのだが,こちらは仕事の疲れを癒やす時間にしようと決めて来ただけで,ジャズスポットなどそんなに知りもしない。そんなことに関心もない。朱恵仁のピアノを店の隅で聞ければいい。店の常連に扱われたい訳でもない。ジャズの醍醐味を静かに味わえる店がよい。
 第3。どのみち「しろうと」,ピアノもサックスもボーカルもよし・あしが分かるわけではない。但し,「解る」必要もない。自分のその日の気分に「乗る」かどうか,要するに,体に染み通って「肩の凝り」がとれるかが肝要だ。これが素人鑑賞法だ。で,朱恵仁のピアノにボーカルがついていっていない。不協和。肩の凝りがとれない。

■ が,大変よきサプライズがあった。フルートだ。店のスタッフが各ステージのはじめにフルートを演奏。スケジュール表にはなかった。ピアノとフルートによるジャズ風の演奏はよかった。曲目は「ときどき聴く曲」としか覚えていない。しかし,フルートをこんなに間近で聞けるなら,それこそ常連になりたい。そんなお店であった。
 今日も早朝から事務所で,記録読み込みの一日。夕方まで籠もることになる。論文も仕上げねば,,,
midnightsun.jpg

posted by justice_justice at 08:54 | TrackBack(0) | ●教養ー美術・音楽・博物 | 更新情報をチェックする

2013年12月14日

■堺署調書偽造事件についてー感想

■日テレニュース24『調書偽造、堺警察署元署長ら9人を書類送検』< 2013年12月13日 12:06 >

 去年、警察署内で起きた公務執行妨害事件への対応が適切だったように装うため調書を偽造した、などとして、大阪府警堺署の当時の署長ら9人が証拠隠滅などの疑いで書類送検された。
 証拠隠滅・虚偽有印公文書作成などの疑いで書類送検されたのは、堺警察署の元署長・仲井清警視正(59)ら9人。大阪府警によると去年、堺署の留置場で暴れた男を留置保護室に収容した際、実際は現場にいなかった巡査部長が指示したように調書が書き換えられたという。当時の署員7人が、2度にわたりウソの供述調書を作成、仲井元署長ら2人は、裁判の前に真実が書かれた調書を入手しながら、署内に保管したままにしていた疑いが持たれている。
 今年3月の裁判では、2人の警察官が、ウソの調書の内容に沿って偽証をしている。大阪府警監察室は、書類送検された9人を停職や減給などの処分、当時の刑事部長を「警察庁長官注意」とすることなどを発表したが、「組織として隠ぺいを図ろうとした意図はなかった」としている。

■あるマスコミ関係に,次のようなコメント原稿を送付した。

 密室取調べで虚偽供述を調書にする捜査手法が定着しているが,書類の作文で事実を隠蔽する体質は警察に根深い。社会が「完璧な警察」を求めすぎることも一因だが,書類操作で「ごまかす」官僚体質の根深さが直接の原因。ミスを認めて対策を講ずるオープンな危機管理意識も薄い。

 改善には,「ミスしない」と同時に「ミスを隠さない」意識改革のための研修が要るが,さらに警察署の内外を問わず容疑者と警察官のやりとりはすべて録音録画する捜査の「IT化=可視化」の徹底が不可欠だ。偽造調書を黙認する検察庁・裁判所の姿勢も疑問だ。

 事件捜査に携わった警察官の偽証が判明したなら,検察は直ちに強制捜査に着手するべきなのに,警察の動きを見守る甘い姿勢をとっていることも,調書偽造を生む構造を支える。偽証した警察官らの証言を元に公務執行妨害罪で有罪を認める裁判所の姿勢は「犯人必罰」こそ正義と勘違いしている。「適正手続なくして厳正処罰なし」という司法のあり方に立ち返るべきだ。

 真犯人が処罰を免れる深刻な事態について社会の側も一時は甘受してでも,警察の隠蔽体質改革に取り組むべきだ。
posted by justice_justice at 07:42 | TrackBack(0) | ■事件ー捜査から起訴まで | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。